だいぶログ 2009年04月
FC2ブログ

エントリー後真下にハンマーの群れ そして

ダイバー(与那国島) 今日のガイドのぞみちゃんは冴えています。一本目こそハンマー外したものの。二本目は見事に群れをゲット。この時は先に見つけた群れを追っている間に更に大きな群れが。あれー付いてない。
 そして気をよくして三本目。エントリー直前にエントリーポイント変えます。えっ。何でだろう。
 南の根の沖に船を移動し、エントリー。すると...おおっ下にはハンマーの群れが。50匹位いたかなあ。さてどうしようか、潜って追うかと思っていたら、ガイド(のぞみ)とお客二人はハンマーを追って潜行中。後ろにはエントリーしたばかりのお客2人とガイド。迷ったあげく前にガイドがいるのだからとついて行ってしまいました。
 ハンマーは海底を泳いでいたこともあって写真はとれず。結局後ろの二人はハンマー見られなかったらしい。皆さん流れに逆らって泳いでいったので、暫くすれば合流するだろうって、のんびりしていたようです。
 このメンバーじゃなきゃこんな行動あり得ないよな。
 この後もハンマーの群れはでるは、お魚は何故かたくさん。こんな時もあるんですね。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。


スポンサーサイト




夏の旅割先行

 今日はANAの旅割の先行予約です。7月~9月は繁忙期で結構航空運賃高くって、まあ一応仮でスケジュールを決めて予約しておきました。
 但し、石垣までは先行予約の無い乗継旅割の方が安いので、先行予約はどうしても仮押さえの意味合いが強いです。ただ乗継旅割はシーズンには結構席が無くって取りづらいのがたまにきずです。
 今日は上級会員向けの予約と言う事もあって割とサクサク取れました。
 残りのRAC分は明日。頑張らなくては。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



ホワイトチップと思いきや

 前日の大雨によって島の周りはかなり濁っいて、航空機からも緑色の海が見えました。さて今日はどうだろうと西崎へ。
 様子見も兼ねて南の根に接近。例の如くイソマグロが居着いていますが、良く見れば右手にサメが二匹。これはいつも居るホワイトチップと思い、中層の良いところを泳いでいるなと、頑張って追いかけて撮影。
 後で聞いたら、これはオグロメジロザメですよって。ぎょえーーー。最近南の根の辺りでは良く見るそうです。
 写真はわかりにくいですが、中央部に2個体が重なって映っています。

オグロメジロザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



GW前半終了

 今日でGW前半を利用した与那国・石垣ツアーもお終いです。思えば意外に寒かった。体調は崩れるし結構大変だったかな。
 しかし、石垣島の4日間で体も復調。帰りの飛行機では忙しくって整理ができなかった与那国の写真を機内でせっせせっと行いました。こうして過ごすと機内の時間はあっというまに過ぎてしまいます。昼過ぎには羽田に到着。
 与那国はほぼ一日の行程に比べ、石垣は半日の移動これは大きいな。

キンギョハナダイ(新城島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ 2009.04.29 / コメント(0) / トラックバック(0) / 雑記

石垣島3日目 早朝のコブシメ達

コブシメ(石垣島) 今回はナイトはあまり良く無さそうなので、明日は早朝ダイビングをやりましょう。大窟さんの提案で石垣初の早朝ダイビングをやることになりました。依田さん情報によるとコブシメの産卵行動も見られるそうな。ちょっと期待わくわく。
 朝4時過ぎに起きて5時には港に集合。こりゃあちょっと寒いな。で6時過ぎにエントリー。海の中は意外に静か。まず、コブシメの産卵に集まるポイントへ行くが何も無し。あーあ。と思いつつ深場を一周。魚達はまだ出てないようです。静かです。
 しかし、帰り際にコブシメポイントへ行くと、そこはもう大変な有様で、11匹のコブシメが産卵行動をせっせせっせとやっています。これはもう夢にまで見た光景。興奮気味に撮影開始。喧嘩在り、交接あり、産卵在り。いろんなシーンを楽しめました。産卵場はひま潜チーム貸し切り状態です。好きなだけ自由に撮影できるなんて何て幸せ。
 二本目はミノ宮へ。スカテンも数が今一つ、ミノカサゴも元気なく、何となく写真も撮りづらい。後半は浅場で珊瑚を探すが、どうも今一つ。この荒れ方は半端じゃないなあ。
 今回のラストダイブは屋良部崎。石垣では珍しいダイナミックなポイントなんですが、残念なことに潮が流れて居ない、その為か水も濁って全然見えません。バラクーダの群れも、散ってしまったようで、何となく物足りない感じのダイビングでした。
 しかしまあ、今回はコブシメが全てって感じのダイビングでした。
 その後は依田さんのガイドで、石垣島自然観察を楽しみ。久しぶりの石垣島はあっという間に終わってしまいました。

コブシメ(石垣島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月28日の石垣島の水中写真



石垣島2日目 晴天のパナリ(新城島)

イソマグロ(竹富島) 先週の与那国も涼しかったけれども、今週はまた一段と冷え込んでいる。太陽出てないのと北風ビュービューが一層寒さを増しています。この時期にこれってちょっと参ったな。寒いよーー。
 船(あつみ)に着くと今日は黒島に行こうと思いますって。えー嬉しいけど冬のポイントじゃないですか。大崎方面かなと思っていただけにちょっと意外。
 でも一本目は竹富南のポイントで、コブシメの産卵リクエストを気遣ってくれたのでしょうか?天気は曇りですが、水が良い感じに抜けていて、綺麗ですね。そんななかでヨスジの群れなどを写しながら、石垣ののんびりポイントを楽しみました。
 二本目は黒島V字Ⅱ。ちょっと水が濁っているのと魚影が弱いこと。また干潮で棚の上が遊べないなど、あまり宜しくはなかったですが、黒島は雰囲気が良いです。
 寒いなか昼食を取って、黒島V字に。ポイントは洞窟。ちょっと明るくなったこともあって洞窟内は良い雰囲気。ハタンポも群がってフォトジェニックです。最後は依田さんが固めてくれたヒメジ&ノコギリダイを撮影。
 やっぱり石垣は事前と撮影枚数が多くなるなあと改めて実感です。

キンギョハナダイ(新城島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月27日の石垣島の水中写真



石垣島1日目 寒い・寒い海の上

ヨスジフエダイ(竹富島) 先週の与那国も涼しかったけれども、今週はまた一段と冷え込んでいる。太陽出てないのと北風ビュービューが一層寒さを増しています。この時期にこれってちょっと参ったな。寒いよーー。
 船(あつみ)に着くと今日は黒島に行こうと思いますって。えー嬉しいけど冬のポイントじゃないですか。大崎方面かなと思っていただけにちょっと意外。
 でも一本目は竹富南のポイントで、コブシメの産卵リクエストを気遣ってくれたのでしょうか?天気は曇りですが、水が良い感じに抜けていて、綺麗ですね。そんななかでヨスジの群れなどを写しながら、石垣ののんびりポイントを楽しみました。
 二本目は黒島V字Ⅱ。ちょっと水が濁っているのと魚影が弱いこと。また干潮で棚の上が遊べないなど、あまり宜しくはなかったですが、黒島は雰囲気が良いです。
 寒いなか昼食を取って、黒島V字に。ポイントは洞窟。ちょっと明るくなったこともあって洞窟内は良い雰囲気。ハタンポも群がってフォトジェニックです。最後は依田さんが固めてくれたヒメジ&ノコギリダイを撮影。
 やっぱり石垣は事前と撮影枚数が多くなるなあと改めて実感です。

光(黒島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月26日の石垣島の水中写真



久々の石垣入り

 明日からは久しぶりに石垣島にてダイビングです。連休前半の初日ではありますが、たまたま乗継旅割の安いチケットが捕れたこともあって、昼前発の夕方に石垣入りとなりました。
 石垣では定番のコース。辺銀食堂でラー油を買ってチェックイン。そのままIDSに直行です。
 IDSのオフィスでは久々に中本さんにご対面。大窟さん、依田さんも健在で(依田さんはちょっと元気が無さそう)した。
 聞けば、金銭の節約で飲み会はオフィスでとのこと。これじゃあいつものひま潜ツアーだな。とちょっと安心。
 軽く食事を済まして、行こうと思ったのですが、この一週間の疲れが溜まっていたのか、そのままホテルで寝てしまいました。
 聞けば珍しく中本さんが刺身持参でオフィスに来たらしく。これはちょっと悪い事したなあ。後でフォローしようっと。しかし、こんな体調で大丈夫かなあ。 明日から一年半ぶりの石垣島でのダイビング。しかもひま潜ガイドです。楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



LUMIX写真集

 ハウジングの取ってのラバーが外れそうだったので、修理して貰おうと、与那国から帰ってきた後体調の悪いままテールに修理に行きました。修理自体はラバーと取っての金属部分を接着剤でつけるだけなので、30分くらいで済みました。
 この時たまたま水没したお客さんが来ていて、いろいろ話が広がりました。
 その中でオーナー(千々松さん)の写真集の話があって、店内に平積みになっていたものを持って行って良いよと言うことなので、一冊貰ってきました。
 一見何の変哲もない写真集。見れば印刷にお金が掛かっているような感じ。しかしポイントはこの写真集に掲載されて居る写真が全てLUMIXで撮った物だと言う事。へー、コンデジでここまで撮れるんだとちょっとびっくりです。
 写真集はマレーシアでは普通に売られているようですが、日本では売ってないのですが、テールに行けば入手は可能だそうです。

千々松政昭プロフィール
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



赤のティラミス

 石垣空港の片隅に前からひっそりと販売していた「赤のティラミス」。なんとなく気になっていたこともあって、前回の与那国の帰りに試し買い。意外にこれはいけます。ということで、今回はお土産として買っていくことにしました。
 調べてみれば、この商品は石垣市がプロデュースした「つんだみブランド」「石垣島パパイア絶品デザートプロジェクト」の商品化第一号です。市が主催なんだ。どうりでブースが地味だなあと思って居たら、そう言うわけだったんですね。
 1日限定250セット。あの売り方では本当に完売しているのかは疑問ですが、ちょっと気の利いたお土産にはぴったりです。

赤のティラミス(石垣空港)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



FOMA大活躍

 与那国は通信インフラがだいぶ整ってきました。よしまる荘には無線LANがあり、ネットの環境はかなり良好なんですが、これがセキュリティの設定がかけてるのか、会社のネットのセキュリティと相性が悪いのか、イントラネットに入れない。
 これではやりたくない仕事ができないです。今まではそれで良かったが、今回はそうも行きません。Willcomはアンテナが立って繋がりますが、いかんせんパフォーマンスがもう一つ。
 そんな時「パケ ホーダイ・ダブル」のPCサポートが4月から始まったこともあって、機種も入れ換えて、契約も変えて使ってみました。
 これは快適。5日間がんがん使って13,000円は安いな。パケット料金だけで、あっというまに5万円は超えている。まあ便利なサービスが出来たものです。今回は絶妙のタイミングでサービス開始。本当に助かりました。
 ただ今後はこんな状況にはなりたくないですね。やっぱり仕事と遊びはきちんと切り分けるべきです。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



熱うなされ帰宅

 今回初めて与那国島に仕事を持っていきました。結局ダイビング以外は殆ど仕事をせっせとやっていた次第。何か寂しいです。写真の整理もブログもままならい状態でした。
 そんな感じの日々を送っていたら、どうもダイビング最終日の夕方辺りから体が熱っぽい。喉も変。これはまずいなあと思って居たら、翌日は更に状況が悪くなってしまった。ふらふらしながら荷物を片付けて、帰路につく。
 那覇からはプレミアムクラスが取れたので、そこで体を休めていた。どうもよっぽど状況が良くない様に見えたのか、隣のお客はさっさと席を移ってしまいました。他の席が空いていて良かったねぇ。まあ時期が悪いですね。
 でもしんどいです。明日は会社行けるかな。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



与那国島3日目 天気変われば海も変わる

シコンハタタテハゼ(与那国島) 今日は南風。何故か与那国では南風ついています。冬場は暖かいので良いですが、おかげで南のポイントには全然行けてません。ま、南のポイントに行けるときは基本は西崎なので、ますます魅惑の地形ポイントに行ける機会は少なくなります。
 一本目は馬鼻崎。お目当てはハナヒゲウツボなんですが、大勢で潜った割には見ていたのは自分だけだったな。のんびりと深場を見ていたら、棚の上にはハンマー(単体)が。こんな事もあるものです。これで3日間ハンマー登場です。
 二本目はダンヌドロップ。これで何回目になるのか判らなくなってきたヘルフリッチとのご対面です。これで半年以上同じ場所に居着いています。写真は撮り易いしとっても貴重な存在です。でも殆どのダイバーは中層のハンマー探し。今回は外れ。外は土砂降り。
 三本目、雨が止んで静かになりなんと西崎へ。そしてエントリー直後。おおおおっーーー。ハンマーの群れだあ。しかも直ぐ横。こんなに明るくって、こんな群れを間近で撮れるなんて。ハンマーシーズンのラストでこんな光景に出会えるなんて。ラッキーです。写真もちゃんと撮れました。群れ群れです。
 不思議なこともあるものです。いやこんなのがあるのでダイビングは辞められないですね。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月20日の与那国島の水中写真



与那国島2日目 ハンマー出るがもうひとつ

イソマグロ(与那国島) 昨日の楽しい西崎をもう一度、今日も三本西崎です。
 一本目は定番コース。南の根はイソマグロが良い感じで群れていました。おおっこれは良い感じ。その後はハンマーがちらほら。と出てはいるのですが、昨日の印象が強くて盛り上がりはもう一つ。
 二本目も西崎流し。ハンマーは出るがこれも単体。なかなか思うようにいかないです。群れは居る気配はあれど、何故か出会えないハンマーの群れ。どうなってるのでしょうか?
 三本目も結局はハンマーがちらりほらり。出てはいるのですがどうも数が少なかったりもう一つ。おまけに天気も今一つで写真は冴えないです。困ったものです。最後は何故かクラゲの群れがお出迎え。あんまり宜しくないですね。
 更に困ったのはハンマー見ているのはゲストばかりで、ガイドは見ていないんだこれ。一体どうなって居るのでしょう?昨日のハンマーの群れは夢か幻か。というわけで明日は風が南に周り、これで今シーズンのハンマーは見納めかな。

クラゲの仲間(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月19日の与那国島の水中写真



与那国島1日目 西崎三本ごっつあんダイブ

イソマグロ(与那国島) 今回は南のポイントに行けるかなと思っていたのですが、どうも風向きが良く無くって、結局は西崎三本。ある意味とっても贅沢なんですが、写真的には他のポイントも潜って見たいと思うこの頃です。
 一本目はスタンダードの西崎コース。南の根にはサメ。ハンマーでは無いけれどサメ。西崎はこれがあるから病みつきになります。
 二本目も西崎沖。群れは見えるがちょっと遠い。まいったな。群れが出たので起きかけていたら、なんと反対側にもっと大きな群れが出たり。まあいろいろ在りますが楽しい西崎です。
 三本目はエントリー後真下にハンマーの群れが。おお凄いです。こんなラッキーなのは久しぶりです。その後もハンマーの群れが。ついているときはこんなものです。そして魚群れ群れ。魚影の濃い中でのダイビングとなりました。ガイドも大興奮。でも写真は全然撮れてないです。
 初日は良い感じですね。後は天気かな。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。
2009年4月18日の与那国島の水中写真



那覇で一息

 連日の激務と、昨夜の飲み会の盛り上がりもあって、ちょっとへろへろ気味です。当然那覇へのフライトは爆睡でした。
 那覇からはRACで与那国へ。RACの便は当日座席指定なので、早めに着いた方が有利なのと、何かあったときの対処を考えて那覇でたっぷり時間を取っています。気が向いたら買い物なんかに出かけたりします。まあ先日の様に機材トラブルで、3時間以上の余裕を見ていても間に合わないと言う状況もありますので、なかなか侮れません。
 今回は体がぼろぼろなので、空港内のマッサージで体をほぐして貰いました。時間的にはもうちょっとやりたかったのですが、それでもかなり楽になったかな?
 そして小雨の降る中与那国へ。与那国島が見えてくる頃には青空も見えて来ました。
 そして、西崎に沈む夕日。明日からのダイビングはどうなるのかな?

西崎(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



久々のバーゲン・超割先行予約

 とうとつに発表された特別給付金に引っかけた超割&バーゲン。今週はその先行予約です。
 7月になると仕事も忙しくなるので、なかなか休みずらいのですが、6月末からは旅割の料金も高くなるので、このチャンスを逃すわけにも生きません。
 結局行きは旅割で帰りは超割でというスケジュールを組みました。
 行きの便は旅割・先得の先行予約で早々に確保。帰りの石垣~那覇~羽田の便も難なく確保。しかし与那国~石垣のJTAが取れない。まあ上級会員でないので、先行予約の日程が遅れるのはしょうがないけれど、×ってないよな。与那国~石垣の料金がバーゲンだと半額なので馬鹿にならないんだよな。
 まあ、大抵は本予約の時には取れてたので24日に頑張ろうと思っていたら、たまたま帰りの電車で見てみたら予約OK状態に。早々に先行予約完了です。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



P-01A

 意外に好天に恵まれてしまった与那国の3日目。ちょっとお昼寝してるだけで、良い感じに焼けてしまいました。
 こんな時の与那国の海はブルーがとっても綺麗に映えています。どこまでも清んでいる蒼い海。
 しかし、これがカメラにとっはくせ者です。浅場では太陽の光が強く露出がオーバー気味。深場に行けば暗くなり露出はアンダー気味。ほんのちょっと深度を変えたり、カメラの向きを変えただけで、明るさが全然違います。
 水深15mくらいハンマーを探しているときはISO100でも充分だけど、40m以上潜ってハンマーを撮影しようとするとISO800でも厳しいくらい。西崎ドリフト中にこれをこまめに変えるのは、自分にはまだ至難の業。結局はISO400とか適当なところで妥協するんですが、画はもう一つ。
 S5Proは露出補正はかなり耐えられるほうなので、PCである程度は対応できますが、何とかなる方法は無いものなのだろうか?


P-01A(Panasonic)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



マンゴーたると

 急遽決まった沖縄出張。仕事も大事ですがお土産も大事。今回は何にしようかな?こんな時に助けになるのがJTAのWebSite。センスの良さにいつも重宝しております。そこで真っ先に目に止まったのが「まんごーたると」。よしっ今回はこれだ。
 しかし仕事の合間にお土産ショップを覗いて見るも売っていない。多分、帰りに空港に寄れば在るのだろうけれど、無かったときが面倒。
 製造元のWebSiteを見てみれば4/1発売開始とのこと。もしや、遅れているのでは。沖縄ならばそうであっても全然不思議じゃあないです。
 こうなるとどうしても入手したく、直接問い合わせ。すると国際通りのショップには入荷しているとの話を聞いて、仕事帰りに早々に買いにい行きました。在庫は少ないものの、現物を発見一安心です。
 帰りに空港でチェックしたら何軒かのショップで普通に売っていましたが。初物には苦労します。
 お味は、ちょっと酸味があってなかなかいけます。

マンゴーたると(ナンポー通商)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



西崎での露出の難しさ

 意外に好天に恵まれてしまった与那国の3日目。ちょっとお昼寝してるだけで、良い感じに焼けてしまいました。
 こんな時の与那国の海はブルーがとっても綺麗に映えています。どこまでも清んでいる蒼い海。
 しかし、これがカメラにとっはくせ者です。浅場では太陽の光が強く露出がオーバー気味。深場に行けば暗くなり露出はアンダー気味。ほんのちょっと深度を変えたり、カメラの向きを変えただけで、明るさが全然違います。
 水深15mくらいハンマーを探しているときはISO100でも充分だけど、40m以上潜ってハンマーを撮影しようとするとISO800でも厳しいくらい。西崎ドリフト中にこれをこまめに変えるのは、自分にはまだ至難の業。結局はISO400とか適当なところで妥協するんですが、画はもう一つ。
 S5Proは露出補正はかなり耐えられるほうなので、PCである程度は対応できますが、何とかなる方法は無いものなのだろうか?

ムロアジ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



いつもと違ったリピーター

 3月の与那国は珍しく3連休を利用しての行程となりました。超割・バーゲンの合った頃はそれに縛られてスケジュールを組んでいましたが、それもなくなったので、会社へのインパクトが少ない時期を選ぶのはまあ仕方のないこと。でも連休を絡めると航空運賃(旅割、先得)は高くなり、まして春休みシーズン突入となれば価格的にはこの時期は?と思っていたら意外にリーズナブルでした。
 こんな時期に来るのは、やはり常連さんが多い物で、見知った顔が与那国行きのフライトからたくさん。でも何か感じが違う。
 なんだろうと考えていたら、お客さんが小粒。冬に来ると大抵はこいつはすげぇ。と思える長年与那国に通っている実力者が必ず居るのですが、そんなお客が見あたらない。居るとすればI田くんぐらいです。
 西崎でハンマーを探していても、ガイドが一目置くようなダイビングをするお客が居なかったな。先のビデオマンがのさばって偉い顔していたのもそれも一因かな。
 そう言えば、年中ハンマーを追っかけていたI島さんも、今年は見なかったな。そんな感じでお客も変わっていくのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



マナーの悪いビデオマン

 ビデオのダイバーとは何となく相性が悪いのですが、今回一緒になったダイバーは酷かった。
 ハンマーがいれば、ガイドの静止を無視して真っ先に突っ込んでいくし、人が撮影している前に平気で割り込んでくる。
 船の上では、機材を整理しないでほおって置くから、船上の移動が危なくてしょうがない。また荷物を置くときに他人のカメラやビデオに平気でぶつけるし。まあ、典型的な自己中心です。常連さんは皆さんかんかん、マイミクのJさん、レンズを傷つけられたI君も愚痴をこぼしていました。できればスタッフにちゃんと注意して欲しいのですが。
 ログ付けではビデオを見せて自慢していましたが、マナーがなってない映像は、どんなに良くても見る価値がないです。かえって不機嫌になるだけです。訳の分かんない人が変に賞賛する物だから、本人も天狗になって、こんなんじゃ治らないだろうなと、思ってしまいます。
 まあこの日は別のグループがデジカメで撮ったハンマーの煽りの映像に話題をさらわれてしまったおかげで、ちょっと不満げに大人しくしていましたが、こいつとはもう一緒に潜りたくは無いですね。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ 2009.04.11 / コメント(2) / トラックバック(0) / 雑記

無欲の勝利。今年一番のハンマーの眺め

 一本目は絶好調だったにもかかわらず、不発に終わった二本目と三本目。三本西崎で、これはちょっと哀しいです。そんななか、別のチームがもの凄い事に。
 別のチームは技量的に西崎を潜るのにやや難のある方や、別に西崎でなくても良いと言う方のチーム。一本目の我々のチームの収穫を聞かされて、羨ましく思う物の、西崎でのダイビングはちょっとと思っていた方々。この日の二本目は馬鼻崎にハナヒゲウツボの撮影会。
 そんな彼らがハナヒゲウツボを見ていた時に、彼らの上をハンマーの大群が。その数およそ40匹あまり。それが悠々とゆっくりと移動していったのだから溜まらない(ビデオを見せて貰ったらスローモーションの画を見ているよいでした)。しかも水は抜けていて、天気はピーカンです。ガイド曰く、今シーズン最高の眺めでした。
 晴れた日にハンマーの群れを煽って見るというのは、与那国で見てみたいシーンの一つですね。いや羨ましいです。
 この時のお客さん曰く「無欲の勝利でした」。うーーん羨ましい。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



西崎ドリフト中にエア切れって

 45mまで潜って、ハンマーの群れを見て、スタッフが待っている水深15m位まで戻る途中の出来事でした。
 下を見ると一人のダイバーがもの凄い勢いでこっちに向かってくる。良く見れば首の所で手を水平に動かしている。サインはエア切れなんだけど、まさかこの時はそんなことは思いつかなかったので無視していたら、別のガイドを発見してそっちに向かって行った。
 少し経ってから状況が飲み込めたけど、西崎の水中エア切れって、この方初心者でも無いだろうに、死ぬ気なの。西崎はイグジットの時に何があるか分からないので、できるだけエアは残しておかなければいけないのに。何かあったら本当に死ぬよ。
 どうも前半でエアを使ってしまっていて、その上でハンマーの群れを見て興奮して突っ込んでいったらしい。でも潜行中にはダイコンとエアは確認するよなあ。普通。この状況でハンマーの居る深度にいったらどうなるか何て考えてないのかな。特にガイドの後をついていく訳では無く、自分で潜行していくわけだから、それくらい管理しなくてはまずいよね。
 本人もかなり焦っていましたが、こちらも信じられない状況でした。
 次からはタンクを大きめのにして貰っていて本人安心していましたが、それで解決じゃあないと思うのですが。


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ 2009.04.09 / コメント(0) / トラックバック(0) / 雑記

ハンマーがボウフラの様に

 水深45mでもハンマーの群れ、肉眼では結構見えたが写真だともう一つ映っていない。そこで潜行中に水底を移した写真をちょいと感度をアップあせて現像してみました。
 すると、えっと思うほどのハンマーの群れが映っているのでは無いですか。下には数個体だとばかり思っていたのに。
 かなり距離があるのか、ハンマーは小さくてまるでボウフラのようですが、感度を上げるとこんな写真も撮れるのかって、ちょと感心してしまいました。
 S5Proはまだまだポテンシャルがありそうです。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



昨日と同じ所にハンマーの群れ

 中根チームの一本目、潜れれば当然西崎流しです。目標は昨日見た群れ。エントリー直後は透視度の良かった西崎もハンマーヘッドロックを過ぎるあたりから濁り気味。透視度が落ちてきました。海の状態は5月に良く見る感じになってきました。
 そんな時、ガイドのタンクを鳴らす音。ハンマーだ。昨日のこともあったので、ここまではエアや水深はセーブしています。今日は行けます。ハンマーへ向かって急潜行・一直線。深度計はぐんぐん下がり、次第にハンマーの群れがよく見えてきます。下に前に左にと相当数の数を確認。ハンマーは泳いでいるわけではなく、そのあたりに漂って居る感じ。おかげでハンマーとの距離もぐんぐんと縮まります。
 はっきりとハンマーが見えたときには水深は45m。それでも水底まではまだ10m以上あります。仕方なくこの辺でと写真を数枚撮って浮上です。のんびり見たいけど、ダイビングの後半だけにそんなに無理はできません。というか流石に西崎で50mはできないな。
 昨日とほぼ同じ所に群れていてくれたハンマー。ここにいけば群れに会えるというのは嬉しい限りです。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



抜けた西崎。水温も低下

 与那国3日目。天気予報とは裏腹にど快晴です。気温は28度を超えて初夏の雰囲気が漂って居ます。これはもうダイビング日和です。
 風は南なので、南のポイントは厳しく、西崎もエントリーポイントが限られます。ただ、今日は海の色が違う。蒼、蒼い海。これは抜けてる時の与那国の海です。エントリー直後から水深60mの海底がよく見えます。西崎の水中の様子がクリヤーに分かります。空を飛んでいるようで、気分は最高です。水温も低めダイコンでは一時23度を表示していました。
 ムロアジの群れ、ウメイロの群れ、南の根にはロウニンアジ。ナポレオンにイソマグロにバラクーダ。そしてハンマー。盛りだくさんの内容で、ちょっと贅沢なダイビングです。

ダイバー(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



JALとANA 膝の上の荷物の扱い

 マイレージはANAなのですが、会社の出張は何故かJAL指定。両方ANAにできたならば、マイレージも楽々溜まってダイヤも見えてくるんですが、できれば一本にしたい物ですがそうもいかず、特典も何も無いJALでの移動となりました。
 JALの沖縄線はクラスJにアップ。当然自費なのですが、アップグレードの理由は1000円で席がゆったりというのは嬉しいです。それに加えて、手荷物の収納スペースが割り当てがやや多いため、荷物を預けなくても迷惑をかけず収納できる事も大きいです。特にJALは手荷物の優待はないので、ターンテーブルの荷物待ちはできれば避けたいという事はとっても重要です。
 今回の席は、たまたま一番前の座席で荷物が座席下に入れられない場所でした。JALは荷物を手に持ったままの状態での離着陸はわりと五月蝿いので、バックからパソコンとペットボトル、雑誌を少々分けてトートバックに入れて持つことにしました。
 しかし、それでも駄目って、パソコンやペットボトルは上部の収納にはできるだけ入れないでと言っているのに。これじゃあどうしたらよいかわからない。結局、離着陸の間だけCAさんに預かって貰うことになりました。ま実際は着陸時は来なかったんでそのまま持ってましたけど。
 これに対して、ANAはディバックの荷物を抱えていても一応気をつけてくださいと念を押されるだけ。安全性から言えば確かにJALが正しいのだけど。その度に貴重品をCAに預けるのはちょっと。もしかしたらANAも4月から変わったかもしれませんが今のところ不明です。
 一番前の席は足が伸ばせて楽なんだけど、JALはできるだけ避けるようにしなくては。ならないかな。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



急遽沖縄出張

 もう沖縄出張は当分無いと思っていたのですが、いきなり一週間の出張を命じられました。
 えーそんなんでスケジュール組んでないです。事前準備とか考えたら頭が痛くなって来ました。週末にやろうと思っていた桜の撮影やマリン・ダイビングフェスタも取りやめです。
 余裕があれば、週末潜ってという事ができるのですが、時期が良いだけに残念でなりません。
 おかげで月後半の仕事もかなり厳しくなりそうな感じ。まいったな。
 夕方の便を予定より早めて夕刻には那覇入りです。体がぼろぼろなので、真っ先に空港のマッサージへ行って疲れた体をほぐしてからチェックイン。
 明日から一週間。さてどうなる事やら。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。



ハンマー正面

 ハンマーヘッドロックのヒメテンの群れに後ろ髪を引かれながら再びドリフト開始です。
 みれば遠くにもヒメテンの群れ。規模は大きいけれどちょっと遠いなあ。なんて思いつつちょっとづつ距離を縮めたり何かしてみました。
 よおく見るとなんか形が違う。群れの先頭は確かにヒメテンなんだけれども、後ろはちょっと丸っこい。あれっと思ったらギンガメの群れが混じっていました。
 ハンマーヘッドのギンガメは良く見るも、こんな感じで煽ってみる機会はなかなか無かったです。
 ギンガメとヒメテンのコラボ。なかなか見応え在りました。

アカシュモクザメ(与那国島)
※写真をクリックするとより大きな画像を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ <-ブログランキングご協力をお願いします。